熱が下がらない原因はなに?


風邪だと思っていたのになかなか熱が下がらない場合はどんなことが考えられるのでしょうか?
熱が出るということは風邪だと勝手判断することが多いですが、
なかなか熱が下がらないのであれば別の病気が原因になっていることも考えられるので、
ちょっとでもおかしい場合は詳しく検査してもらってください。

熱が下がらない原因として考えられるのはインフルエンザや肺炎、
そしてストレスといったものが考えられます。

インフルエンザや肺炎といったものであれば原因も分かっているので対処しようがありますが、
ストレスの場合はウイルスなどが問題になっているわけではないので
不明熱と言われることがあります。

続きを読む
posted by 風邪 at | その他の症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大人が風邪を引いた時でも熱が下がらないことがある


ただの風邪だと思って甘く見ていたら熱が下がらないから困ってしまったという人もいるはずです。
数日で治ると思っていたのに思っていた以上に熱が下がらない
どうしたものかと焦ってしまうかもしれません。

本当にただの風邪だと言うのであれば少しこじらせてしまっているだけという可能性もありますが、
一向に熱が下がらないのでしたら違う病気の可能性も考えられるので
面倒臭がって病院に行かないのではなく面倒でも必ず病院へ行くようにしましょう。

続きを読む
posted by 風邪 at | その他の症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スペイン風邪の原因はワクチン?


スペイン風邪とは全世界で大流行し、同時に大量の死者を出した恐ろしい病気です。
スペイン風邪の正体は、今ではそこまで珍しくなくなったインフルエンザなのですが、
この病気は感染力が強いということもあり、瞬く間に広まっていきました。

ただどんなに感染力が強いとは言っても全世界でここまで大流行したのは何故なのでしょうか?

スペイン風邪がここまで大流行した原因は予防接種にあったのだそうです。
現在行われている予防接種は安全で安心できるものばかりですが、
スペイン風邪の予防接種では毒性のある血清を体内に注入されていたそうで、
それが原因で元気な人でもスペイン風邪に罹り死亡してしまうことが多かったようです。

続きを読む
posted by 風邪 at | その他の症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スペイン風邪の症状はインフルエンザと似ている?


風邪は毎年流行するものですが、昔全世界で大流行し、大量の死者を出した風邪を知っていますか?

1918年にスペイン風邪という風邪が流行りました。
症状はとても重く、熱は38度〜39度以上になることが多かったのだそうです。
当時はウイルスが原因ということが分かっていなかったようですが、
その後の調べでウイルスであることが分かりました。

スペイン風邪の招待はインフルエンザなのですが、
抵抗力の低い患者や高齢者、子供といった人々に感染し次々に命を奪っていきました。

今ではインフルエンザを治すことができるようになっていますが、
当時はウイルスについてそこまで詳しく理解していませんでしたし
研究もそこまで進んでいなかったために死者を多く出してしまったようです。

続きを読む
posted by 風邪 at | その他の症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。