新型インフルエンザ等感染症に関する法律がある


新型インフルエンザ等感染症に感染した患者はきちんと休んで
治るまで安静にしておく必要があります。
特にやらなければならないということはありませんが、
医師の場合は新型インフルエンザ等感染症が認められた場合はやらないといけない法律があるそうです。

新型インフルエンザ等感染症に関する法律があるということはあまり知られていないかもしれませんが、
医師はこれらのことをきっちりと守る必要があるみたいですね。

この法律は簡単に言うと新型インフルエンザ等感染症を発症した患者がいると認められた場合は
きちんと公表しないといけない、感染防止に協力していかないといけない、
経過を報告しなければならいなどといったことです。

続きを読む
posted by 風邪 at | インフルエンザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インフルエンザ脳症の治療法はたくさんある


インフルエンザ脳症はとても恐ろしい病気です。
以前は非常に高い死亡率、そして後遺症の可能性ですが、
現在は適切な治療を受ければ回復する可能性が上がっており
死亡率も後遺症の可能性もかなり下がってきています。

インフルエンザ脳症治療法はたくさんあるようです。
インフルエンザウイルスに対抗するための治療法や免疫異常を抑えるための治療、
そして痙攣などを抑えるための治療といったものがあります。

治療法は一つしかないというわけではありません。
例えば免疫異常を抑える時にはその症状によっていろいろな薬を使って治していきます。

続きを読む
posted by 風邪 at | インフルエンザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インフルエンザ脳症の発症率は乳児の方が高い


インフルエンザ脳症は以前に比べて死亡率も後遺症の確率も低くなっています。
ですが、まだ発症する可能性は十分にあるので気をつける必要があります。

インフルエンザ脳症に気を付けないといけないのは大人よりも乳児です。
この病気に罹って死亡する確率が一番高いのは乳児と言われているので、
もしこれくらいの子供がいるのであればインフルエンザに罹らないように気を付けないといけません。

もちろんこれから出産する予定がある人もこれから生まれてくる赤ちゃんのために
いろいろとインフルエンザ脳症について調べてみてください。

続きを読む
posted by 風邪 at | インフルエンザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

予防接種で完璧にインフルエンザ脳症を防げるわけではない


インフルエンザ脳症はインフルエンザに罹ってしまった人が発症する恐れのある病気です。
必ず発症するというわけではないのですが、
発症すると後遺症が残ってしまったり死亡する可能性もあるので油断することはできません。

以前に比べると後遺症も死亡率も低くなりましたが、
それでもまだ0%ではありませんので気をつけなければなりません。

インフルエンザ脳症を予防するためにはまずインフルエンザに罹らないようにする事が大事です。
予防接種などを受けたり普段から対策を取るようにするのもいいでしょう。

続きを読む
posted by 風邪 at | インフルエンザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インフルエンザ脳症の原因は免疫


インフルエンザは風邪の一種であると思っている人もたくさんいるのではないでしょうか。
たしかに症状自体は風邪と似たようなものなのでそう思ってしまうのも無理は無いです。
しかし、インフルエンザに罹ってしまった時は
インフルエンザ脳症」という病気に気をつけるようにしてくださいね。

インフルエンザ脳症という病気をあまり知らない人もいるのではないでしょうか。
この病気はインフルエンザに罹った人が発症する恐れのある病気で、
原因免疫のオーバーワークにあると言われています。

インフルエンザでも風邪でもウイルスと戦うために体内にある免疫が頑張って働いてくれるのですが、
この時、免疫が働き過ぎると脳にある組織を破壊してしまうのです。

続きを読む
posted by 風邪 at | インフルエンザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。