新生児でもおたふく風邪になる?


おたふく風邪に罹る可能性が一番高いのは3歳から9歳くらいの子供です。
皆さんの中にも子供の頃におたふく風邪に罹ったことがあるという人は
かなりたくさんいると思いますが、この時に罹らなければもう発症する恐れは無いのでしょうか?
また、新生児がおたふく風邪に罹る可能性はあるのでしょうか?

3歳から9歳までの間におたふく風邪に罹らなかったからと言って
今後発症する心配がなくなるわけではありません。
寧ろ子供の時に罹っていない人は大人になってから症状が酷くなると言われているので
子供の時におたふく風邪になっていない人は注意した方がいいでしょう。

続きを読む
posted by 風邪 at | おたふく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おたふく風邪で腹痛になることもある


おたふく風邪の主な症状と言えば耳の下の腫れ、発熱といったものだと思います。
こういった症状が一番わかりやすいので良く覚えている方も多いと思いますが、
症状の出方によっては腹痛を訴える人もいるのだそうです。

おたふく風邪で腹痛なんて、と思う人もいるかもしれませんが、
実は腹痛という症状はそこまで珍しいものではないのです。

腹痛の症状は人によって激しい痛みになることもあるし、
逆にそこまで苦痛になる程の痛みにはならない人もいます。
この他にも頭痛や食欲低下といった症状を訴える人もいるのでおたふく風邪の症状は
腫れと発熱だけではありません。

続きを読む
posted by 風邪 at | おたふく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おたふく風邪の予防接種に副作用はあるのか


小さい頃におたふく風邪に罹ったことがあるという人はかなりたくさんいるはずです。
耳の下から顎の下にかけて腫れてしまい、いつもとは全く違う顔になったことがある人もいるでしょう。

おたふく風邪も風邪の一種であることには変わりありませんが、
普通の風邪とは違って予防接種を受けることができるようになっているので、
受けられる年齢になったお子さんがいるのでしたら予防接種を受けさせておくといいかもしれませんね。

ただ、忘れないでほしいのが、予防接種を受けたからと言って絶対におたふく風邪にならないとは
言い切れないということ、稀に副作用が起こることがあるということです。

続きを読む
posted by 風邪 at | おたふく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おたふく風邪の時でもお風呂に入っていいのか


おたふく風邪も風邪の一種なのでそこまで特別な治療が必要になることはありません。
普通の風邪と同じように治療や看病をしていけばいいのですが、
本当に全て風邪の時と同じ対処の仕方をしてしまって良いのでしょうか?

一番悩むのはお風呂だと思います。
風邪の場合は熱があったり辛いと感じないようであれば入ってしまっても問題ありませんが、
おたふく風邪のどうだと思いますか?

答えは「大丈夫」です。
おたふく風邪の場合であったとしても風邪と同様、熱が高くなかったり
辛いと感じないのであれば普段と同じようにお風呂に入ってしまって構いません。

続きを読む
posted by 風邪 at | おたふく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おたふく風邪の潜伏期間


おたふく風邪にも潜伏期間というものがあります。
ウイルスが身体の中に入り込んだ瞬間に症状を引き起こすわけではないので
少しでもおたふく風邪について知るためにいろいろなことを勉強してみましょう。

おたふく風邪の潜伏期間は大体2週間から3週間と言われています。
くしゃみや咳といったものから出てきたウイルスを吸い込んだり、
周りの人と話している時に入り込んだ唾液といったものから感染します。

感染すると潜伏期間があるのでその間は特に症状が現れたりすることはありませんが、
この間にもどんどんウイルスが大繁殖するようになります。

続きを読む
posted by 風邪 at | おたふく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。