新型インフルエンザ等感染症に関する法律がある


新型インフルエンザ等感染症に感染した患者はきちんと休んで
治るまで安静にしておく必要があります。
特にやらなければならないということはありませんが、
医師の場合は新型インフルエンザ等感染症が認められた場合はやらないといけない法律があるそうです。

新型インフルエンザ等感染症に関する法律があるということはあまり知られていないかもしれませんが、
医師はこれらのことをきっちりと守る必要があるみたいですね。

この法律は簡単に言うと新型インフルエンザ等感染症を発症した患者がいると認められた場合は
きちんと公表しないといけない、感染防止に協力していかないといけない、
経過を報告しなければならいなどといったことです。

スポンサードリンク

実際にはもっとたくさんの法律があるのですが、
これらのことは法律で定められている事ですので守らないといけません。

新型インフルエンザ等感染症が発生した場合は新聞やインターネット、放送などなど
どんな手段でもいいので地域の人達に伝える必要があります。

私たちはあまり気にしたことがないかもしれませんが、こういったこともきちんとしているので
自分の住んでいる地域でインフルエンザに発症した人がいるかどうか気になるのであれば
ネットなどを使って調べてみるといいかもしれませんよ。



posted by 風邪 at | インフルエンザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。