インフルエンザ脳症の治療法はたくさんある


インフルエンザ脳症はとても恐ろしい病気です。
以前は非常に高い死亡率、そして後遺症の可能性ですが、
現在は適切な治療を受ければ回復する可能性が上がっており
死亡率も後遺症の可能性もかなり下がってきています。

インフルエンザ脳症治療法はたくさんあるようです。
インフルエンザウイルスに対抗するための治療法や免疫異常を抑えるための治療、
そして痙攣などを抑えるための治療といったものがあります。

治療法は一つしかないというわけではありません。
例えば免疫異常を抑える時にはその症状によっていろいろな薬を使って治していきます。

スポンサードリンク

インフルエンザ脳症は治療をすれば治る確率もかなり上がっていますが、
中には後遺症が残ってしまう場合があります。
もし後遺症が残ってしまった場合はリハビリが必要になることもあります。

リハビリはどんな障害が残ってしまったかによって変わります。
理学療法士によって運動訓練をしたり、歩行練習をする場合もありますし
言語障害となってしまった場合は言語療法士と一緒に言葉の訓練もしていきます。

インフルエンザ脳症を発症するとその後の人生が大きく変わってきてしまう可能性があります。
ですので、少しでもおかしな症状があると思ったらすぐに病院へ行くようにしてくださいね。



posted by 風邪 at | インフルエンザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。