子供の熱が下がらない時は別の病気を疑おう


子供に熱が出たから風邪だと思って看病していたのに一向に子供の熱が下がらない
という経験をしたことがある人はたくさんいると思います。
中には今現在そういった状態になっている人もいるのではないでしょうか。

なかなか子供の熱が下がらないといった時は何か別の大きな病気に罹っているのではと
心配になると思いますが、風邪だと思っていた熱がなかなか下がらない時は
一体どんな病気が考えられるのでしょうか?

もし42度台にまで上がってしまっているのであれば重篤な症状に陥ってしまったり
後遺症といったものが出る場合があるのですぐにでも病院に連れていく必要があります。
ですが、もし38度台などであればそこまで慌てる必要はありません。

スポンサードリンク

ただ、インフルエンザや肺炎といったものに罹ってしまっている場合がありますので
決して気は抜かずに病院で詳しく検査してもらうようにしてください。

インフルエンザだと症状が重くなることが多く、熱も39度程度になることもあります。
熱も長く続くことがあるのでなかなか引かないようであればインフルエンザを疑うのもいいでしょう。

また、肺炎の場合でも子供の熱が下がらないことがありますし、
咳も激しいものになるので普通の風邪とはちょっと違うなと思ったら
すぐに病院へ連れて行くようにしてくださいね。



posted by 風邪 at | 子供 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。