妊娠中の風邪で気を付けること


妊娠中の風邪は本当に気を付けたいものですよね。
妊娠中はちょっとしたことでも大変な目に遭ってしまうことがあるので
無事出産できるまでは油断することができません。

ですが、どんなに注意していたとしても妊娠中は抵抗力などが低下してしまうので
普段よりも風邪を引きやすくなっています。
自分はいつも以上に注意しているつもりでも周りで風邪を引いている人がいると
簡単に感染してしまうようになるので妊娠中の風邪には十分気を付けるようにしてください。

万が一風邪を引いてしまった場合はこれ以上悪化しないように、
一日も早く治るようにいろいろと工夫してみるようにしましょう。

スポンサードリンク

妊娠中の風邪はお母さんだけが辛いのではなく赤ちゃんも多少なりとも影響があります。
例えばお母さんが38度以上の熱を出したら子宮が収縮するようになりますし、
風邪を引いたら赤ちゃんも多少かもしれませんが熱くなるそうです。

まだ生まれていない赤ちゃんに辛い思いをさせるのはかわいそうなので
早く治す必要があるのですが、だからと言って家にある風邪薬を飲むのは止めるようにしましょう。

市販の風邪薬は効き目が穏やかなので妊婦が飲んでもそこまで影響はないかもしれません。
ですが安全とは言えないので、例えちょっとした風邪だったとしても
しっかりと病院へ行って自分に合った薬を貰ってくるようにしてくださいね。



posted by 風邪 at | 為になる情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。