お腹の風邪の症状


風邪の種類の中には「お腹の風邪」というものもあります。
胃腸風邪とも呼ばれている病気なのですが、
この病気は一般的に知られている風邪の症状とは少し違ったものが現れるようです。

お腹の風邪は胃腸がウイルス感染した時に見られる病気で、
その症状は主に腹痛や吐き気、嘔吐、食欲低下、下痢といったものです。
この他にも一般的な風邪の症状も出るので症状が酷くなるとかなり辛い病気になります。

症状が重い場合は何度も嘔吐を繰り返してしまったり水のような下痢が何度も続くようになるそうです。
想像するだけでもかなり辛いことが分かると思いますが、
お腹の風邪他人にも感染する恐れがあるので周りにこの病気に罹っている人がいるのでしたら
注意するようにした方がいいかもしれません。

スポンサードリンク

もし家族に感染した人がいるのであればきちんと治るまでは
タオルや食器などの共有はしないようにし、感染者が触ったものを触ってしまった場合は
ちゃんと手を洗うようにする必要もあります。

また、嘔吐してしまった場合はそれを片づける必要がありますが、
この嘔吐物にもウイルスが含まれているので吸い込まないようにマスクなどをして
感染を防ぎながら処理していくようにしましょう。



posted by 風邪 at | 胃腸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。