新生児でもおたふく風邪になる?


おたふく風邪に罹る可能性が一番高いのは3歳から9歳くらいの子供です。
皆さんの中にも子供の頃におたふく風邪に罹ったことがあるという人は
かなりたくさんいると思いますが、この時に罹らなければもう発症する恐れは無いのでしょうか?
また、新生児がおたふく風邪に罹る可能性はあるのでしょうか?

3歳から9歳までの間におたふく風邪に罹らなかったからと言って
今後発症する心配がなくなるわけではありません。
寧ろ子供の時に罹っていない人は大人になってから症状が酷くなると言われているので
子供の時におたふく風邪になっていない人は注意した方がいいでしょう。

スポンサードリンク

また、新生児はおたふく風邪に罹らないのかという疑問ですが、
新生児の場合は親から貰った免疫があるのでその効果があるうちは
おたふく風邪に罹る心配は無いようです。

ただ、お母さんによってはおたふく風邪をブロックする免疫を持っていない場合もあるので、
必ず子供に分け与えることができるわけではありません。
貰った免疫も約1年程度で効果が切れてしまうのでそれ以降はおたふく風邪に罹らないように
普段から気を付けてあげるようにしてください。

新生児の場合はそこまで心配する必要はありませんが、
自分で歩けるようになってくるといろいろなものに触れますし
外にも出るようになるので発症する確率も上がってきてしまいます。



posted by 風邪 at | おたふく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。