胃腸風邪の効果的な予防法


胃腸風邪は例え症状を発症したとしても自然に治すことができる病気です。
しかし、これは症状が軽い時のもので症状が重くなると話は別です。
酷くなると腹痛や吐き気、下痢といった症状が重くなり、
場合によっては脱水症状を引き起こすことがあります。

ですので、あまりにも酷い時は水分補給が必要になったり点滴をする必要も出てきます。
ですが胃腸風邪にならなければこういった思いをする必要がなくなるので、
1年健康で暮らす為にもしっかりと予防をしていくようにいましょう。

スポンサードリンク

胃腸風邪にならないための予防法はとても簡単です。
一般的な風邪と同じく、うがい・手洗いを忘れずにすることです。
運動するのも良いと思いますが、何より手や喉を清潔にしておく事が一番ですので
最近うがいするのを忘れてしまったりしているのであれば意識してやっていくようにしましょう。

また、ノロウイルスなどの菌は85度以上の熱に1分間以上熱せられると簡単に死滅します。
非常に熱に弱い菌ですのでこういった方法で食器などを殺菌するのもいいかもしれませんよ。

もし家族の中で感染者が出た場合は、
完全に治るまでは洗面器や食器といったものを共有するのは避けるようにしてください。
感染者と同じものを使うだけでも簡単に感染してしまう病気ですので、
二次感染を防ぐためにこのような予防法も試してみてください。



posted by 風邪 at | 胃腸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。