胃腸風邪の潜伏期間はどれくらい?


風邪は風邪でも胃腸風邪の場合はどれくらいの潜伏期間があって、
どれくらいの感染力があるものなのでしょうか。

一般的な風邪は鼻や喉が痛くなって熱が上がるというものだと思いますが、
胃腸風邪の場合は激しい腹痛と吐き気、嘔吐、下痢、38度以上の高熱などなどです。
ノロウイルスが流行ったりしているかと思いますが、このノロウイルスも胃腸風邪の一種とされています。

胃腸風邪の潜伏期間は一般的なものの場合は2日〜3日とされています。
中には潜伏期間が1日程度のものもあるので、
感染するとすぐに症状が出始める感じではないでしょうか。

スポンサードリンク

ただ、長いものになると5日〜7日程度潜伏していることがあるので
もしかしたら知らないうちに感染していたということも十分あり得る話です。

胃腸風邪に罹ると普通の風邪よりも症状が辛いことが多いです。
酷い腹痛や吐き気といったものがあるのでそれだけでも嫌なものですが、
胃腸風邪になると下痢などで脱水症状に陥ることもあるので決して油断することはできません。

また、胃腸風邪が治ったとしてもすぐには身体の中からウイルスは消えません。
最低でも1週間、長くなると4週間程度は便などにウイルスが付いている状態になるので
周りの人は感染しないように気を付けるようにしましょう。



posted by 風邪 at | 胃腸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。