花粉症軽減には生活環境を整える事が必要


花粉症の時期になるといろいろな事に気を付けなければなりません。
花粉症の症状を抑えるためにいろんな飲み物を飲んでみたり、
花粉症に効果があるとされる食事メニューに変えてみたりとたくさんありますが、

それだけでは症状を緩和させる事はできません。
食事なども大切ですが、それよりもまずは生活環境を整えてあげる事が必要です。

生活環境を改善させるにはまず、仕事から帰ってきたら玄関先で服に付いた花粉を叩き落とします。
こうする事で大量の花粉を家の中に持ちこむ事が無くなります。
家に入ったらすぐに手洗いうがいをしてすぐに部屋着に着替えましょう。
続きを読む
posted by GUEST at | その他の症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

空咳の原因は何?


空咳が続いている。風邪をひいているわけではないのに、継続して
空咳が続いて治らない。
もしかして大きな病気なのかも??と不安に感じることもあるのではないでしょうか?

空咳はその症状などにもよりますが、その原因の1つとして考えらるのが
咳喘息と呼ばれる症状です。

咳喘息は、慢性的に咳が続くという症状が続く点が特徴的です。
風邪が治ったのに咳だけが続くというようであれば、咳喘息を疑ってみてください。

咳喘息とは、喘息と同様に気管支が何らかの影響で狭まってしまうことで起こる
咳の発作などで、いろんな原因が考えられる病気です。

たとえば、花粉や黄砂といった原因で起こる場合もあります。
これから花粉の本格的な飛散によって、こうした花粉が原因で咳喘息の発作が起こる
続きを読む
posted by GUEST at | その他の症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今年の風邪の特徴は2パターンある


風邪の症状は毎年同じですがその年によって微妙に変わるようです。
では2012年、今年の風邪の特徴はどんなものだったのでしょうか?

今年の風邪の特徴は2種類あるようです。
一つは喉の痛みがあり、鼻水や痰が恐ろしい程激しくなるという傾向があったようです。
こういった症状が落ち着いてくるようになると今度は咳が続くようになり、
学校や仕事に行けるようになるまでに早くて10日、長くなると2週間程度罹ることもありました。

もう一つは喉の痛みや鼻水、咳といった症状はあまり見られないものの、
インフルエンザのように高い熱と気だるさ、頭痛といったものが続くようなものです。
熱自体は高熱になるものの3日程度で治まります。
ですが、頭痛などが長引く為、こちらの症状の場合は完治するまでに長くて1週間程度かかります。

続きを読む
posted by 風邪 at | 為になる情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新生児でもおたふく風邪になる?


おたふく風邪に罹る可能性が一番高いのは3歳から9歳くらいの子供です。
皆さんの中にも子供の頃におたふく風邪に罹ったことがあるという人は
かなりたくさんいると思いますが、この時に罹らなければもう発症する恐れは無いのでしょうか?
また、新生児がおたふく風邪に罹る可能性はあるのでしょうか?

3歳から9歳までの間におたふく風邪に罹らなかったからと言って
今後発症する心配がなくなるわけではありません。
寧ろ子供の時に罹っていない人は大人になってから症状が酷くなると言われているので
子供の時におたふく風邪になっていない人は注意した方がいいでしょう。

続きを読む
posted by 風邪 at | おたふく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おたふく風邪で腹痛になることもある


おたふく風邪の主な症状と言えば耳の下の腫れ、発熱といったものだと思います。
こういった症状が一番わかりやすいので良く覚えている方も多いと思いますが、
症状の出方によっては腹痛を訴える人もいるのだそうです。

おたふく風邪で腹痛なんて、と思う人もいるかもしれませんが、
実は腹痛という症状はそこまで珍しいものではないのです。

腹痛の症状は人によって激しい痛みになることもあるし、
逆にそこまで苦痛になる程の痛みにはならない人もいます。
この他にも頭痛や食欲低下といった症状を訴える人もいるのでおたふく風邪の症状は
腫れと発熱だけではありません。

続きを読む
posted by 風邪 at | おたふく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。